株式会社興和ビルメンテ |東京・千葉を中心にビル管理・メンテナンス・マンション管理を行っています

お問合せ
  • 0336888292

  • 受付時間9:00~18:00(日祝休み)

NEWS お知らせ

kwoan

知らないと怖い管理組合会計のイロハ

2018/9/5
image  マンション維持管理支援・専門家ネットワーク主催の第40回記念講座・公開相談会が、
平成30年9月1日、東京秋葉原UDX南棟21階で開催されました。当日は、約70名の参加者で、会場は予備椅子を出すほどの大盛況となりました。

 弊社の祢宜秀之マンション管理士が、税理士と共同で講座を担当し、管理組合会計のイロハから、マンションで起きている様々な問題事例を紹介しました。

 最後に、自分の財産は、自分で守るという意識が必要であり、疑問があれば、「できる専門家」に相談することが大切と強調。

 参加者から、「とても分かりやすく、会計の基本が学べた」、「管理組合会計の仕組みがよく分かった」、「実例としての問題事例が良かった」と感想が寄せられました。

 当日は、21階の窓から見える東京の景色がとてもきれいで、景観や講座に満足された皆様の表情がとても印象的でした。
kwoan

第40回記念講座・相談会のご案内です!

2018/8/7
image  最近、民法の相続に関する規定(相続法)が改正され、相続トラブルの相談も増えております。
 マンションライフの終活を考えた場合、相続の問題を生前に解決しておこないと、「相続(争族)問題」に発展する可能性があります。
 今回、税理士がその対策を伝授します。
 当日は弁護士も出席します。
 また、分かっているようで、知られていない「管理組合会計」について、その基本と、問題事例を祢宜マンション管理士が、解説します。
 皆様の参加をお待ちしております。



第40回記念マンション維持管理講座・公開講演
  
 日時 : 平成30年9月1日 土曜日 午後2時~
            (受付午後1時30分~)
 会場 : 秋葉原UDX南棟21階


  
kwoann

建物の健康診断を!

2018/7/25
  最近、お客様から「特定建築物定期調査報告の案内がきている。一体何ですか」という質問が寄せられます。
 これは、建築基準法第12条第1項の規定に基づいて、国及び特定行政庁が指定する特定建築物の所有者(所有者と管理者が異なる場合は管理者)が、定期的に「調査資格者」に建築物を調査させ、結果を特定行政庁に報告しなければならないことから、案内がきているものです。
 共同住宅、事務所、学校、劇場、百貨店、ホテル、病院など、多数の人が利用する建築物は、ひとたび火災が起きれば大惨事を招く恐れがあります。そのため、安全対策や防災設備の維持管理は欠かせません。
 大きな事故を未然に防ぐという意味で、用途によって規模や階の高さに違いはあるものの、定期的に調査し、報告することが求められているわけです。
 建物の健康診断という意味で、是非、調査と報告をお薦めします。
 また、自動閉鎖式防火扉や防火シャッターなどの点検は、防火設備定期検査を行うことが建築基準法第12条第3項の規定で、定められています。
 詳しいことは、弊社にお問い合わせ頂ければ、ご説明とお見積をさせて頂きます。よろしくお願いします。

お問い合わせは、電話 03-3688-8292 または、こちら

kwoan

「日本マンション学会北海道大会」で趣旨説明

2018/6/4
image image

 平成30年5月18日から20日にかけて開催された 「日本マン
ション学会北海道大会」に弊社の祢宜が参加しました。
 場所は、北海道大学でした。
 20日、第6分科会「マンション住環境まちづくり研究委員会」では、「日韓マンション管理比較」というテーマで、祢宜が趣旨説明を行いました。
 韓国の人口は約5,145万人ですが、約9割が都市部に集中しています。その約半数がソウル市及び近郊に集中する極端な一極集中型です。
 ソウル市の人口急増の受け皿になっているのが、大規模高層マンション郡です。

分科会では、①社会統計に見る都市化の現状 ②マンション管理問題と社会的支援 ③住宅政策とマンション管理政策 ④住宅ローンの状況の4分野で発表を行いました。
 発表のなかで、韓国の法令・告示などの画一的規制の問題点、韓国の「入居者代表会議」役員の不正疑惑など、現実的課題が浮き彫りになりました。
 また、韓国の最大の管理会社の社長が登壇、意見交換を行いました。
 様々な課題と将来への期待が込められた有意義な分科会でした。

マンション維持管理支援・専門家ネットワーク(略称:Mネット)は、2018年2月20日にご紹介しました「マンション管理実務必携」以前に、2冊の本を出版しています。
今回は、その2冊をご紹介致します。書籍は、全て民事法研究会発行です。

image ●「Q&A マンションライフのツボ」のご紹介
 
 この本の特徴は、マンションの購入時に確認すべき事項から建物等の維持管理に関するポイント、居住をめぐるトラブルへの対処法までを、Q&A形式でわかりやすく解説している点です。

 Mネットメンバーは、日常的に、マンション問題に積極的に取り組み、管理組合などを対象とした相談会等も行ってます。
 弁護士やマンション管理士、建築士、設備関係技術者等で、マンションをめぐる「現在」の疑問に回答しております。
 マンションの購入者にとっては、マンションを選ぶときから購入・契約、入居までのポイントがわかり、マンション居住者にとっては、マンションの日常管理から建物・設備の維持管理、生活トラブルをめぐる法律問題などが容易に理解できる内容になっています。

 マンション問題の専門家や相談員の方等にとっても、座右に置いておきたい1冊となっております。
image ●「Q&A マンションリフォームのツボ」のご紹介
 
この本の特徴は、マンションリフォームの基礎知識から失敗しないリフォームのためのチェックポイント、管理組合の留意点、リフォーム工事をめぐるトラブル対処法までを、Q&A形式でわかりやすく解説している点です。

 参考資料として、管理組合実務で即活用できるリフォーム細則モデルも収録しています。

 管理組合の理事や居住者のみならず、マンション問題の専門家や相談員の方等にとっても、座右においておきたい1冊になっております。

kwoan

「江戸川区マンション管理組合セミナー」で講演

2018/3/27
image image

 小雨降る平成30年3月21日、春だというのに、一段と冷え込んだ春分の日。
 江戸川区タワーホール船堀で、午後1時から江戸川区後援の「江戸川区マンション管理組合セミナー」が開催されました。熱気あふれるマンションの居住者や関係者が、約70人参加しました。

 明治学院大学の大野武教授「区分所有法の最近の潮流」の講演の後、弊社の祢宜が「個人情報保護法に対する管理組合としての対処方法」という講演を行いました。
 「個人情報保護法の目的」「平成29年5月31日、改正個人情報保護法の施行を受けて、個人情報5,000以下である事業者を規制対象外とする制度が廃止され、管理組合が対象になったこと」「マンションでの個人情報が含まれる帳票例」「管理組合の留意点や対処方法」を分かりやすく解説。
 講座の後、テーブルディスカッションが行われ、充実した一日であったと参加者から感想を頂きました。

kwoan

最高裁で出た判決を参考にして講座を開催

2018/3/8
image  最近最高裁で出た判決を参考にして講座を開催します。

「理事長の解任の方法」と「共用部分と専有部分の配管・設備の一体改修」についてです。  
 管理組合で話題になる理事長の選び方、理事欠員に対する対応。また、古くなったマンションで、排水管などの管を専有部分まで含めて改修する際の、お金の支出に関する悩みなど、弁護士が分かりやすく解説します。

 講座修了後には、弁護士、一級建築士、マンション管理士、税理士などの専門家が皆様の相談に応じます。個別相談が必要な方は、別途予定することもできますので、事前に予約をお願いします。
 弊社の取締役管理部長の祢宜が司会を致します。是非、ご参加下さい。

第39回マンション維持管理講座・公開相談会

 日時:平成30年4月7日 土曜日 午後2時~
            (受付午後1時30分〜)
 会場:(株)住宅あんしん保証 会議室
kwoann

民泊新法施行前に マンションでの注意点は・・・

2018/2/28
 最近、大阪市の民泊マンションで、監禁、死体遺棄、死体損壊の疑いの事件が発生しました。この事案だけでなく、色々と事件が発生している「民泊」。
 
 住宅宿泊事業法の施行前(施行:平成30年6月15日)に、マンションで何が必要なのかという問い合わせが増えています。
 民泊には、貸す人、借りる人にメリットがあることは明らかですが、同時に悪い影響も懸念されます。
 「ゴミ出しルールを守らない」「騒音がうるさくて寝ることができない」「香辛料などの臭いがきつくて我慢できない」などなど・・・・。
 民泊事業者とのトラブルを回避するために、何が必要か。 先ず、民泊事業届け出が開始される3月15日までに、民泊の可否をマンションで明確化することが必要です。
 民泊を禁止したいなら、それまでに管理規約を改正すること。それが間に合わないなら、緊急的に理事会で決議することが望ましいといえます。
 理事会で決議した場合、全戸配布することや理事会議事録で知らせることも重要です。また、理事会決議や管理規約改正に関わる掲示も有効です。
 これらを合わせ技して、適切に運用して下さい。
 
 もし、マンション内で対応できないなら、弊社に問い合わせして頂けば、お役に立てると思います。

                                             取締役管理部長
                                            マンション管理士
                                                 祢宜 秀之
kwoan

「管理組合・理事のためのマンション管理実務必携」のご紹介

2018/2/20
image マンションの維持管理サポートのために、マンション管理士、弁護士、一級建築士、税理士などの専門家が力を合わせて協力している「マンション維持管理支援・専門家ネットワーク」。
2005年に立ち上げ、13年続いています。
弊社の取締役管理部長の祢宜秀之は、設立当初から事務局長として、活動しております。

この度、「マンション維持管理支援・専門家ネットワーク」での3冊目となる本が出版されました。

マンションに関する法律等の基礎知識はもちろん、会計・税務やコミュニティ条項、民泊など管理組合運営で気になる点をわかりやすく解説しています。

民泊に関するモデル規約・細則も明示。

マンション管理組合の理事になった方、マンション管理士、管理会社担当者が知っておきたい知識が満載の必携書となっております。

弊社の祢宜秀之も共著の1人です。
管理組合運営の手引き書として、活用して頂き、皆様のお役に立てば幸いです。


kwoan

マンションの長期修繕計画書を活用していますか?

2017/11/28
image  あなたのマンションでは、長期修繕計画書を作成後、活用していますか。
 マンション標準管理規約第32条では、「長期修繕計画の作成又は変更に関する業務及び長期修繕計画書の管理」が管理組合の業務になっています。
 作成、変更後の活用の仕方について、講座を開催しますので、是非参加して下さい。参加費は無料です。 
 弊社の取締役管理業長の祢宜が司会をします。
 よろしくお願いします。

セミナーに関するお問い合わせは・・・
 一般社団法人主婦会館公益事業部
 TEL 03-3265-8119

ページ先頭へ戻る